Top > テク解説
HTML convert time to 0.004 sec.


テク解説 の変更点


 #contents
 
 *テクニック・小技 [#wa1257e9]
 **スライディングは先端を! [#zf3e1470]
 #ref(sliding.jpg,left,nolink)
 『超接近で突(2)と自分のイン消費されており、
 スライディン利にすすめることができる。
 先端スライデ
 『超接近で突っ込む状態のスライディング(1)』だけは絶対にしてはいけない。
 理由は、スライディングの根元を当ててしまうことで自分のインターバルが長くなり、
 反確になってしまうということだ。
 逆に、スライディングの先端を当てるようにする(2)と自分のインターバルもかなり消費されており、
 スライディング後に反撃を受けにくく、展開を有利にすすめることができる。
 先端スライディングを読まれたりして、どうしても至近距離でスライディングをしなくてはいけない時は
 斜めから掠るように当てる。(3)そうすると当てた後に間合いができるため、ガードされても反撃を受けにくい。
 
 
 **壁を使った挟み撃ち防御 [#j8c06508]
 #ref(hasamiguard.jpg,left,nolink)
 非情階段に起きやすい、挟み撃ちにされた場合の対処。
 壁を背にするようにしてガードをすると双方の攻撃を防御することができる。(1)
 ちょっとし付きで、挟むはそのままの向きだと投げることすらできない。
 かといって、そのままずっとけるわけにもいかないので、下のガード硬直を利用した脱出や
 ちょっとしたオマケ付きで、挟む側はそのままの向きだと投げることすらできない。
 かといって、そのままずっとガードし続けるわけにもいかないので、下のガード硬直を利用した脱出や
 最悪、無敵回避などを使用して脱出する必要がある。
 #br
 逆に、挟む側で相手がこのよってきたら
 これ以上の打撃は絶対に入らな、壁側にに向いてとっとと投げてしまおう。(2)
 逆に、挟む側で相手がこのようなガードを取ってきたら
 これ以上の打撃は絶対に入らないので、壁側に斜めに向いてとっとと投げてしまおう。(2)
 
 **ガード硬直を利用する [#hb346980]
 
 相手の攻撃をガードすると、その攻撃に応じて自分がガードしたまま身動きがとれない時間が生ずる。
 これを硬直という変わけではなく、
 最後の攻撃で上書きされるドて試合を有利に持って行くことができる。
 これを硬直というが、その硬直時間は攻撃によって変わり、時間は加算されるわけではなく、
 最後の攻撃で上書きされる。このガード硬直を利用して試合を有利に持って行くことができる。
 #br
 まず、全てのコンボフィニッシュと、一部の投擲ス硬直時間がゼロだということ。
 まず、全てのコンボフィニッシュと、一部の投擲スキルはガード硬直時間がゼロだということ。
 これを覚えておけば、上記の挟み撃ちからの脱出などに利用することができる。(コンボフィニッシュ後直ぐジャンプ等)
 #br
 そして、一部のジェムの近接攻撃はガード非情に長いということ(錬金の初期ジェム突進・ストのカニ腕アッパー等)
 そして、一部のジェムの近接攻撃はガード硬直時間が非情に長いということ(錬金の初期ジェム突進・ストのカニ腕アッパー等)
 これらはガードされた場合でもその後の脱出が容易で、
 さらにチーム戦であれば硬直している敵に味方の援護があるかもしれない。
 
 
 
 **ダッシュ投げ [#v33f1928]
 #ref(d_throw.jpg,left,nolink)
 知られていないだけかもしれないが、ダッシュ中の攻撃手法の中で投げもある。
 ダッシュをすることで相手させ、ガードしたらそのまま投げてしまえ、ということ。
 ダッシュをすることで相手にダッシュ攻撃の警戒をさせ、ガードしたらそのまま投げてしまえ、ということ。
 #br
 相手の起き上がりに合わせて狙うと、相手の選択技が非常に少なくなり、かなりおいしい。
 
 **アグレッシブな無敵回避 [#t14c1c40]
 #ref(fallen1.jpg,left,nolink)
 無敵回避は主に自分がやられてい五分に持っていくために回避目的で使用されているが、
 他にも、相手のHPらいのHPの止めや、崖ギリギリから落とす(1)等、ダメ押し的な役割で使用することもできる。
 無敵回避は主に自分がやられているときに、状況を五分に持っていくために回避目的で使用されているが、
 他にも、相手のHPが見えないくらいのHPの止めや、崖ギリギリから落とす(1)等、ダメ押し的な役割で使用することもできる。
 
 自分がダウンしていないか、空中にいない状態であればどのタイミングでも使用できることから成功率は非常に高い。
 #br
 #br
 *未編集 [#tf2d3db6]
 ・足場が不安定で動くと落ちそうなとこで倒れた際方向キーを入れず自然に立たせると転げ落ちずに済む
 ・着地の時に攻撃すると地できる
 ・ガードされてるとき攻撃を最後めると読まれ難くて反撃され難い。
 ・相手をダウンさせたらき立ったら攻撃する。こできる。
 ・自分がダウンしたら、起ンプする。これによって反撃され難い。
 ・ダウン後後れたら後ろをなとガードできる。後ろ攻撃の対処法は人それぞれだけどこれが一番簡単で使いやすい
 ・着地の時に攻撃すると素早く着地できる
 ・ガードされてるとき攻撃を最後まで出さずに止めると読まれ難くて反撃され難い。
 ・相手をダウンさせたら後ろにいき立ったら攻撃する。これで追撃できる。
 ・自分がダウンしたら、起き上がった瞬間にジャンプする。これによって反撃され難い。
 ・ダウン後後ろをとられたら後ろを押しっぱなしにしてガードするとガードできる。後ろ攻撃の対処法は人それぞれだけどこれが一番簡単で使いやすい
 #br
 #br
 *コメント [#acb09a0c]
 
 #pcomment